二酸化炭素消火具「消棒シリーズ」商品サイト

消棒

HOME > 商品紹介 > 消棒

強力二酸化炭素消火具 消棒®


商品詳細画像

消棒®活用画像1
消棒®活用画像2
消棒®活用画像3
消棒®製品画像
消棒®イメージ画像
消棒®壁掛け画像
消棒®活用画像1
消棒®活用画像2
消棒®活用画像3
消棒®製品画像
消棒®イメージ画像
消棒®壁掛け画像

消棒®

 エアゾール式二酸化炭素簡易消火具。 
「消棒®」シリーズの最上位グレードで強力な消火力。
 周囲を汚したり、電子機器にダメージを与えることも
 ありません。

サイズ 直径50mm×長さ730mm
重さ 約2200g
届出番号 A115229103A
JANコード 4571242190010
価格 税別15,000円
購入はこちらから
 

商品詳細情報

スクロールしてご覧いただけます。

商品名 強力二酸化炭素消火具「消棒®」
概要 「消棒®」シリーズの最上位グレード。
出火にいち早く対応でき、災害現場を過度に汚す恐れがありません。
特徴 ①使用後の後始末が不要!
⇒二酸化炭素を使った消火方法のため、粉や泡の消火器のように周囲を汚すことがなく後始末が不要です。

②電気火災に有効!
⇒二酸化炭素は電気を通さないため、通電中の電子機器でも感電の恐れもなく使用可能です。

③人体に安全!
⇒ビールやコーラなど炭酸飲料に使用される食品添加物と同等品を使用
 しているため人体に安全です。

④二酸化炭素を再利用したエコ商品!
⇒製品に使用している二酸化炭素は、火力発電所・化学プラント等から排出される排ガスを回収・精製・液化したリサイクル商品であり、環境に貢献しています。

※この取り組みが評価され、経済産業省『新連携』全国第一号認定
事業として様々なご支援を頂いております。

⑤消防法に準拠した商品!
⇒ 総務省消防庁 届出番号 A115229103A

『エアゾール式簡易消火具技術上の規格を定める省令』.pdfに基づき製造されています。『自動車用クッション火災』『電気火災』『エンジンルームの火災』※1への有効性が認められています。
※1エンジンルームの火災に関しては旧鑑定基準より適合性を確認

⑥安全なボンベを使用した安心設計!
万一充填されたガスの圧力が上昇しても、安全封版(安全装置)
 
から安全にガスを放出し、ボンベが破裂しない技術が
 備わっています。(安全封版作動温度 124℃~155℃) 

⑦専用ケースあり(別売)
⇒壁に設置するためのアタッチメントは付属されておりますが、
 別途、製品を保護したり持ち歩くための専用ケースがございます。
※ご興味のある方はお問い合わせください。

製品仕様  
【重量】約2200g
【全体寸法】直径50mm×長さ730mm
【 商品パッケージサイズ/1個】65mm×735mm×75mm 
【梱包箱サイズ/6個入】220mm×750mm×180mm(16kg)
【使用温度範囲】0℃~40℃
(本体には消防法で定められた温度表記を記載しておりますが、実際は
 ―20℃~70℃まで耐えられる構造となっております)
【放射時間】17~20秒
【消火薬剤名】二酸化炭素(液化炭酸ガス)
【消火薬剤量】60g×3本(180g)
※内容積が100ml以下の小型ボンベを使用しているため高圧ガス保安法
 の適用が除外されています
【生産国】 日本
【材質】アルミ、 ボンベ:鉄
【品番】YPS-001
【JANコード】4571242190010

メーカー保証期間 5年
届出番号 総務省消防庁 届出番号 A115229103A
標準使用期間
(有効期限)
『エアゾール式簡易消火具の技術上の規格を定める省令』において
標準使用期間は5年が限度と定められております。
5年経過した場合は新しい商品と交換されることをお勧めいたします。

廃棄方法


 リサイクルシール貼付や特定窓口への処分連絡は不要です!
ご使用時と同様の方法で中身のガスを空にしていただき、各市区町村の
規定に従って不燃物として廃棄が可能です
(この製品は長さが730㎜あるため、地域によっては粗大ゴミ扱いと
 なり処分に費用がかかります。)

※通常の消火器を処分する際は、廃棄物処理法に基づく一般廃棄物広域
認定制度(リサイクル法)の対象となり一般の家庭ごみと一緒に処分
することはできませんが、弊社の製品は家庭ごみとして簡単に
処分することができます。

【注意】
・分解したりボンベに穴を開けることは絶対にしないでください。
・スプレー缶と一緒に処分しないでください。 
・弊社で処分品の引き取りは行っておりません。
注意事項 ・天ぷら鍋火災、石油ストーブ火災には、絶対に使用しないでください。
噴射の勢いが強いため、油を吹き飛ばし、拡大火災になる恐れがあります。尚、消火しても、温度を下げない限り、すぐに再発火する可能性があります。
・初期火災の器具ですので、火災の大きさ、消火の時期、火災条件の違いにより消火できない場合がございます。無理な消火作業を続けることにより、火災拡大を引き起こさないよう、消棒署に連絡の上、周囲の人に声をかけ応援を求めるよう心掛けてください。
・火の勢いが強く、燃焼範囲が広い場合は、すぐに避難してください。
・一度噴射したものは、再使用しないでください。
・使用済消火具は放置しないでください。
・使用済消火具を分解しないでください。
・不要になった消火具は、各市町村の規定に従って、不燃物として破棄してください。(※廃棄処理は有料になります。)
・直射日光の当たらない場所に保管してください。
(※購入時には取扱説明書を必ずお読みください。)

動画で実用例を見る

他のシリーズも見る